三食昼寝無為徒食

世の中に寝るより楽はなかりけり

【読書感想】武田砂鉄 「紋切型社会  言葉で固まる現代を解きほぐす」

 こちらのブログは身辺雑記ということにしているので、読書感想文なんかもこちらで良いのかな、と思うので(誰に断ってんだろ)書くことにした。

<武田砂鉄著 「紋切型社会」 朝日出版社

 

f:id:hatehenseifu:20150728190300j:plain

(ちゃんと自分で買いました)

 

2年ほど前にハフィントンポストに武田氏が寄稿した下記の記事を私のブログ(以前のココログ)で引用させて貰った。

「ちゃんとした子どもを作って国力増強!」と連呼する婚外子差別のメンタリティ | 武田砂鉄

このエントリーを題材とさせてもらい、私のブログとして初めてアクセス数を1000(少ないやん)を越えて、場末ブログの管理人としては大変驚いたという、いわくつき(というのも変かな)で、その時からずっと気になっているライターだ。余談だが、その時、はてなでブクマして貰ったということもあり現在に至ってたりする。


ところで関係ないけど、この人の出身大学をずっと「成蹊大」と空目していた。へえ、安倍晋三と同じなんだ、と思っていたのだが(他意はない)改めて読み返してみると「成城大」だったりするのだった(汗)、すんません。

 

それはともかく。
紋切型、つまり【言葉で固まる現代を解きほぐす】という副題が示すように、決まりきったやり方や言い方をする社会に対して、それでいいのかい、と問いかけるという。本人は『骨太な評論とも柔らかなエッセイでもない』と記述している。
全20章からなるこの本の中で私が一番面白かった章の一部を引用する。

 

(引用ここから)

■ ずっと好きだったんだぜ     語尾はコスプレである

 外国人の発言を邦訳した時に突如として表れる不可思議な語尾。それにまつわる違和感について、朝日新聞の連載「英語をたどってⅡ」(2014年9月8日)に鋭い指摘があった。例に挙げられているのは『アナと雪の女王』。

 記事によれば、吹き替え版では「~ました」や「~のです」となっている語尾が、劇場で販売されているパンフレットでは、「~のよ」や「~なの」と記載されているという。エルサは「誤解されているのよ」と言い、アナは「彼女はとても人間的なの」とパンフレット上で言い始める。鑑賞後、途端に二人が馴れ馴れしくなっているというわけ。
 なぜこのような語尾が使われるのかについて、翻訳家の戸田奈津子に尋ねるのだが、さすが映画字幕のオーソリティ、返答が痛快だ。
「書いている人はなーんにも考えてないでしょ。私だって昔そういう仕事をしたけれど、考えてなかった。そもそも英語に語尾なんてないんだから」

(引用ここまで)

 

外国のロックミュージシャンが「今回のアルバムは最高さ、きっと気に入ってくれると思うぜ、一緒にロックしようぜ!」という。その言葉も本当は「今回のアルバムは最高です。ファンの皆さんもきっと気に入っていただけると思います。今度のライブは一緒に盛り上がりましょう」という話だったとしても、それを翻訳する人が前述のようにロックスターらしく忖度するなんてこともあるだろうという。
このあと、斉藤和義のヒット曲「ずっと好きだった」*1のタイトルは「~だった」けど、歌詞の中では「好きだったんだぜ」と「~だぜ」を使って、今よりも若かったあの頃、その時の青臭い気持ちを「~だぜ」と表現しているなど、語尾によりその人の性格や印象がずいぶん変わってくる、という指摘は、この人の本領発揮と言えるかもしれない。

 

実は、この人のもっと鋭い切り口の社会批評を期待していた。いや「国益を損なうことになる」という章もありそれはそれで評価はするのだが。
豊富なボキャブラリーと鋭い考察はそのままなんだけど、著者初の単行本ということで、ご本人もいくぶん肩に力が入ったのではないかと、素人ながらそんな生意気な感想を抱いた。遠足を控えた小学生が前の晩にワクワクして寝られないというか(ちょっと大げさかな)、読者である私の期待値が高かったせいかもしれない。

 

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

 

 

 

 

*1:脱原発ソングの「ずっとウソだった」も有名だけど

ニセモノビール4本と本物ビール2本の選択とは

お恥ずかしい話だが。
毎晩、晩酌は欠かせない体になってしまった。
休肝日などどこ吹く風である。


いやなに。
晩酌と言ってもニセモンビール(第三のビールとも言う)の、350mlのアルミ缶を、ほんの4本ほど飲むだけ(アンタ、多いやろ)の小市民の密かな楽しみに過ぎない。

 

けれども。

 

ここに大きな問題が立ちはだかってきた。
所謂、ビール腹という現象が、人前でごまかせないレベルまでに達してきたようなのだ。今日、会社の同僚に「ずいぶん出てきたなあ」と手前のせり出してきた腹を指さされてしまった。

 

ほんの少し前なら、人前ではお腹を少しへこませればそうは目立たなかったはずなのに。そんなに目立つのか、と愕然とした。

 

私は晩飯の時、ほとんど炭水化物を摂らない。
つまり、炭酸で満腹になってしまい酒のつまみだけで満足してるのだから、これでビールの(止めることが出来れば苦労はない)量を少しばかり減らすことが可能なら、この醜くせり出した腹ともオサラバできるかもしれないのだ。

 

妻が非常に魅力的な提案をしてきた。

曰く。
ニセモンビールを4本飲むのだったら、本物ビールの2本ではどうか?という、まさに私の心を、魂を揺さぶる、或いは弱点を的確に突く本質的な提案である。

 

うーむ。

 

長考することしばし。
「一晩考えさせてくれ」と言い置きその場を離れたのだった。
一晩考えるほどのことではない、ということは重々承知しているのだが。

 

 

 

高校野球が嫌いだ

夏の風物詩と言うのでしょうか、高校野球選手権全国大会が8月6日から阪神甲子園球場で行われています。郷土の代表として熱い戦いの火ぶたが切って落とされました。今年も高校生たちの熱い夏がまた始まりました。

 

・・って、甲子園が始まると暑さが倍増するんですなぁ。
今年は100年記念みたいなことらしいのですが、もういい加減やめてくんないかな。これで読者を減らしたな、・・つってもブログ購読者がゼロなんでマイナスになるわけもなく関係ないし(笑)

 

 

このブクマについたコメントが「まさに正論」とかが多いこと。
オリンピックに出場するアスリートには「そんな暑い中で!」と非難が殺到するのにです。
同じ条件、しかも毎年毎年同じことの繰り返しの高校球児には同情的にはならないのかい。

 

夏場の消費電力の最高消費を記録する8月の午後2時から4時くらい。そのおかげで原発再稼働とかいってんじゃないのか。テメエらは冷房ガンガン聞いた部屋でよっしゃ、いけ!などといたいけな(いたいけな、は無いけどね)高校生をサカナにして「やっぱり夏は高校野球やなあ」などとひとり悦にいってんじゃないよ。

 

だいたいですな、郷土の代表って、ほとんどの有力校は県外からの野球留学生、特待生で固められ地元の子はほとんどいなかったりね。

 

nikkan-spa.jp

 


あとブラバンの応援ソングも嫌いだ。山本リンダの「狙い撃ち」なんか聞いた日にゃ、暑さも倍増不快指数倍増てなことです。TV放送では「こちらアルプス席です。○○高校のベンチに入れなかった3年生がみんなで懸命に応援しています」とか(よく視てんじゃんw)。
補欠の3年生は「ケッ、オレを出さないから負けんだよ」などと思ってるかも知らないし。
キレイごとで固めたそんな風景もあざとらしくていやだ。


まあ、そんなこんなです。

 

あんな風にただぼんやりと

 色んな公共施設、あるいは商業施設のベンチや休憩所みたいなところでひとがたむろしています。人待ち顔でいる人はすぐに判別できるけれど、あの、なんて言うのかな。ただ漫然と目的もなくただ座っている人達。
目的があるかどうか、そんなことお前に分かるのか、と言われれば困るのだけれど。

 

 こう、タバコをゆっくり吹かしたり、ジュース飲料を飲んだり。中にはお酒を飲んだりしている人も。呆れるくらい熟睡したりしている人もいます。その場所が涼しい場所だったり冬なら暖かい場所というなら「まあそんなもんだろあっしには関係ないことでござんす」と言いつつ早々に立ち去ればいいのですが、西日ガンガンあたる外のベンチだとか、寒風吹きすさぶ非常階段下などであてもなく時間を過ごす人々というのはちょっとばかし同意しかねるというか。

 

 それが、それなりにきちんとした身なりの人がそうしている。以前に目撃したのは夏の暑い盛り、夕方午後5時半ごろ。前述しましたが西日がコノヤロとばかり強烈にあたっていて、しかも外に設置してあるベンチで弁当を広げて食っている人を見かけました。
いや、なにもアナタ。老婆心ながら言いますけれど、そんなクソ暑いところでお食事をなさらなくても・・、とつい要らぬおせっかいを焼きたくなる訳です。人の体感温度の個人差をつくづく感じるのはこんな時。

 

 あと、熟睡している人ね。
座り睡眠ならまだしも公衆の面前、ベンチやソファーの上でごろんと横になり大口開けて寝ている。そんなに疲れてんなら家に帰って寝ろよと思うこともしばしば。だけど私にもその強靭な神経を幾らかでも分けて貰いたいというか。そうすればもっと素晴らしい人生が待っているかもしんない。思い出したけど、家電売り場のマッサージチェアの展示コーナーですね。体感してください、とお店側が置いているんだけれど。
余程お疲れなのか、はたまたマッサージチェアの性能が素晴らしいのか、ここでも熟睡されてるところを通りがかり横目でちらと見ますってえと、弛緩した顔面大口開けて熟睡中。

 

私なんざ用事がなければそんな施設には参りませんし、スーパーなら買い物を済ませればそそくさと帰ってしまう。せせこましい性格がそうさせるのでしょう。
ですから逆にそういうことを一度でいいからしてみたい、という思いから述べているのでございまして。ずいぶん前のことですが妻が買いものをしている間ベンチで待っていた時、たまたま横に座ったオッサンが(私もオッサンだが)缶チューハイをプシッと開けやがってですね。これがまた美味そうに飲むんですわ。うらやましい、つーか。またなんでそこで呑むのかあんたは、と問い詰めたい。

ま、そんなこんなで。


 南の島などで日がな一日、通りに面した場所に椅子を置いて、そこを通りがかる人や車をただぼんやり眺めている、という。そんな場面見たことがありませんか、あれをしたい。

けれど、いざそれを実行しても30分もたたずにそわそわ腰が落ち着かなく「ちょっと用事が・・」などと独り言を言いつつお尻を手で払いながらセミの声がせわしく追い立てるように鳴くなか、足早に消えていく昼下がりなんでしょうけど。

 

 

はてなブログでは無料アカウントでブログを3つまで開設できるというんですから、それを利用しない手はない。メインブログの「諸般の事情はどうですか」は社会ネタ、こちらでは雑記帳として参りたいという所存ですのでどうぞこれからもよろしくお願いしますです、ハイ。>