三食昼寝無為徒食

世の中に寝るより楽はなかりけり

本屋に立ち寄る

ラーメン屋でとんこつラーメンを食べたついでに本屋に立ち寄った。
休日の今日、本当はそのあと散髪に行くつもりでいたのだけれど、散髪屋に行くには中央分離帯のある道路をUターンしなければいけない。なんとなく面倒になってラーメン屋の駐車場を車で左折で出て、そのままずーっと行った道路左沿いにある書店に入った。ええ、「右」は嫌いなもんで。

 

書店はひところ反中嫌韓本で溢れていたが、久しぶりに訪れるとその棚は少しばかりの縮小傾向が見られた。入り口の一番目立つコーナーには松岡修造の本が平積みというのか、ピラミッド積みというのか知らないが彼岸も過ぎたというのにいささか暑苦しくてですね。
良かったね松岡さん、錦織が活躍してて。

 

新書版の売れ筋ランキングというのが棚に置いてあった。
なになに、1位が曽野綾子「人間の分際」で、2位が百田尚樹の「大放言」になっていた。ほんまかいな、としばし脱力する。


絶対に買わないけども、ペラペラと立ち読みはする。
曽野綾子の方はベスト選集みたいな様子で、百田の方は「大放言」と銘打つ割にたいしたことない。
これならアンタの普段のツイッターの方がよほど酷いやろ。*1

 

あと立ち読みと言えば、漫画家の中崎タツヤの「もたない男」というのをペラペラと手に取った、買わなかったけど。この人の仕事場の画像が掲載されていて、そりゃまあ見事な、すっぽんぽん。なんにもあれへんw
断捨離もここまでくれば「道」やね。
この人、調べるとウチラの県である愛媛県西予市生まれで愛知県育ちとある。愛媛を愛知と間違える人もいるけれど、愛でつながってる訳ですな。

で、購入したのは。

佐高信・松元ヒロ 著「安倍政権を笑いとばす」

浜矩子 著 「国民なき経済成長 脱・アホノミクスのすすめ」

国民なき経済成長 脱・アホノミクスのすすめ (角川新書)

佐高さんは私にとってお約束みたいなもの。お笑いの松元ヒロさんにも惹かれたのだ。前回の東京都知事選で小泉・細川を応援した佐高信とは決別したはずなんだけどなあ。

浜さんも、不機嫌そうに話す様子が好印象で。
だけどいつも、この人を見るとなんとなく紫芋(ムラサキイモ)を思い出す(笑)、失礼ながら。
個人商店のおばちゃんに髪の毛が緑色だとか紫色みたいな人を見た記憶があるなあ。

 

 

*1:ブロックされてて見られへんけど。